卓球のおすすめ教材DVD|卓球上達ナビ

卓球についてのイロイロ|卓球上達ナビ記事一覧

北京・ロンドン・リオと、オリンピックで躍進を続ける男子・女子日本卓球界。卓球の注目度が増す事で、テレビ放映も増えてきました。世界卓球も放送される機会が多くなったので、世界のトッププレイヤーのプレーを誰でも見る事ができます。20年前は・・・。今でこそ、卓球もメジャースポーツになってきましたが、20年ほど前までは、とても表舞台に登場するスポーツではありませんでした。当然、テレビの放送はほとんどありませ...

卓球未経験者なのに卓球部の顧問に就任した先生は、全国でも数えきれない程います。顧問と言う立場ですが、部活動との接し方はそれぞれでしょう。大会等の付添だけの場合もあるでしょうし、完全に指導者として頑張る場合もあります。付添顧問付添だけの顧問だとしても、卓球の基礎知識は持っていた方が良いでしょう。いくら自分に技能が無いにしても、卓球そのものを知らない事は、卓球に失礼ですし、子供にとっても不幸な事です。...

卓球初心者への指導について、悩んでいる指導者は多いのではないでしょうか。卓球に限らず、どのようなスポーツでも習い事でも、まっさらな初心者に指導する事は簡単ではありません。可能性の塊しかし、まっさらな初心者は指導方法によっては驚くほど上達する可能性も秘めています。特に、小学校・中学校・高等学校の子供たちは可能性の塊です。初心者で入部したにも関わらず、的確な指導のおかげでドンドン上達し、卒業するころに...

自分のレベルを客観的に知る卓球の上達スピードは人それぞれ異なります。半年間の練習で、一試合も勝つことができない人、一方、地方大会で勝ち上がる人もいます。高等学校から卓球を始めたにもかかわらず、全国区の選手に成長してしまう人もいます。卓球の個人戦を考えた場合、卓球は基本的にトーナメント戦が多いので、1回戦を勝つ一方、半分の人が1回戦で敗退します。2回戦で更に半分が敗退、3回戦で更に半分が敗退。という...

卓球部は暗い・・・。そんな事を言われたことはありませんか?私が卓球部だった頃は、今から20〜30年前になりますが、実際に「卓球部は暗い」と言われました。「オタク」という言葉はまだ存在していなかったので、言われませんでしたが、後に「暗い=オタク」と言われていたようです。何故卓球は暗いイメージか?実際に卓球は暗い場所で行っている事が原因だと言われています。卓球は光の影響を強く受けます。太陽光が目に入っ...