サービスのルール|卓球のルールとマナー

サービスのルール|卓球のルールとマナー

 

卓球は全体的には比較的ルールがシンプルですが、唯一サービスに関しては細かい規定が設けてあります。また、改定の度に、ルールがより細かくなったり、緩和したりしています。

 

卓球の試合において、勝敗に大きな影響を与えるサービスなので、ルールは厳格に定められています。現行のルールをしっかり理解し、正しく守りながら試合に挑みましょう。

 

ボールの位置

 

サービスの構えに入った時のボールは、卓球台のエンドラインよりも後方、台の面よりも上方に位置します。

 

オープンハンド

 

サービスの構えに入った時のボールは、掌に乗せ、一度制止させます。構えからボールが手から離れるまで、手を握ったり、ボールを指の上に置いてはいけません。

 

トス

 

トスはほぼ垂直に、ネットの高さ以上上げなければいけません。ネットの高さは15.25cmなので、目安は16cmと覚えておきます。高く投げ上げた場合に、天井に当ったり、照明器具に当たるなどしたら失点となります。また、トスしたボールを空振りしたり、打たずにキャッチしても失点となります。

 

打球

 

トスしたボールが落下してきたときにインパクトする。トスしたボールが上昇している時にインパクトしたら失点となります。

 

ラケットの位置

 

サービスの構えの時のラケットの位置に決まりはありません。以前は、卓球台の面の上になければいけませんでしたが、現在では、このルールは無くなっています。

 

フリーアーム

 

トスしてからインパクトまで、対戦相手にボールが見える状態になければいけません。フリーアームがボールを覆ってしまわないようトス後に体の前から引くようにします。

 

フォルト

 

サービスで明らかに違反だと審判に判断されれば、即座に失点となります。違反かどうか疑わしい場合は、1度だけ警告を受け、2度目から失点となります。