ラケット|卓球の基礎知識

ラケット|卓球の基礎知識

 

現在の卓球は、【シェークハンド】と【ペンホルダー】の2種類が存在します。少し昔には、ピストル型のような変わったラケットもありましたが、今では【シェークハンド】と【ペンホルダー】の2種類に落ち着いています。

 

【シェークハンド】と【ペンホルダー】のどちらが有利・不利という事はありません。それぞれに特徴を持ち、それぞれに強みを持っています。自分のプレースタイルと好みで選べば良いと思います。

 

シェークハンド

 

シェークハンドはヨーロッパで発祥したラケットで、握手をするように握ります。フォアハンドとバックハンドを同じように打ち抜く事ができます。

 

ストレート

同じ太さの直線形状。ラケットの角度に自由を持たせる事ができる、比較的使用頻度の高い一般的なグリップ。

 

フレア

グリップエンドに向かい太くなる曲線形状。女性に使用している選手が多く、手の小さい選手やジュニア選手に使いやすい。

 

コニック

グリップエンドに向かい太くなる直線形状。握りの自由さと安定感を両立させた、ストレートとフレアの中間タイプ。

 

アナトミック

グリップ中央部が膨らんだ曲線形状。手にフィットして、安定感を持たせる利点がある。グリップは固定される。

 

ペンホルダー

 

ペンホルダーは日本で発祥したラケットで、ペンを持つように握ります。お箸の文化の日本らしいグリップですね。強力なフォアハンドと、台上などで小技がやりやすい特徴があります。

 

角型

重心が先端にあるドライブ攻撃向けのラケット。遠心力により、ドライブに威力を持たせることができる。日本伝統のペンドラの典型的なラケット。

 

角丸型

丸型と角型の中間にあたる形状のラケット。前陣・中陣型でテンポの速い攻撃、フォア・バック両攻撃に向いている。

 

丸型

中国式によく見られるペンホルダー。重心が柄に近い事で、フォア・バックの切り替えが容易になる。台上プレーに向いている。