グリップ|卓球の基礎知識

グリップ|卓球の基礎知識

 

グリップとはラケットの握り方の事を言います。卓球にとって、グリップはとても大きな要素となります。ラケットの特徴、プレースタイルによってグリップは変わり、ラケットの握り方の差によってストロングポイントやウィークポイントも変化します。

 

卓球はシェークハンドとペンホルダーという、全く異なる形状のラケットが存在する珍しいスポーツです。この大きく分けて2種類のラケットではグリップが全く変わります。また、シェークハンドとペンホルダーそれぞれにおいても、プレースタイルによっても大きく異なります。更に、同じプレースタイルでも、プレーヤーによってグリップは異なります。

 

卓球のグリップは、基本的な握り方はありますが、統一された理想的な握り方は存在しません。つまり、プレーヤー個々にグリップの特徴があり、プレーヤーの数だけグリップの種類があると言う事です。指を立てたり、畳んだり、イロイロと試してみて、自分の理想のグリップを見つけてください。また、指導者の方には、グリップには個性が出ることを認識していただきたいと思います。

 

シェークハンド・グリップ

 

シェークハンドは、握手をするように握るグリップとなります。フォークとナイフを使うヨーロッパの食生活から誕生したと言われています。シェークハンドはフォアとバックの切り替えが容易という特徴があります。

 

シェークハンド・グリップは、軽く握る事が大きなポイントです。フォア側は、親指を立てるとバックハンドが安定しパワーが生まれます。親指を寝かせるとフォアハンドが安定します。

 

バック側は、人差し指を立てるとスイングのフォアハンドのパワーが増しますが、安定感が落ちます。人差し指を寝かせるとバックハンドの安定感が増します。

 

ペンホルダー・グリップ

 

ペンホルダーは、日本をはじめとするアジアで生まれました。お箸の文化の為に発生したと言われています。フォアとバックの切り替えはシェークハンドの方に利がありますが、台上の処理をはじめ、手首の広い稼働を生かしたプレーが得意です。

 

ペンホルダー・グリップは柄を書くる握るのがポイントです。深く握ればパワーが増しますが、フォアとバックの切り替えが難しくなります。

 

裏面は、中指・薬指・小指を揃えて並べます。三本の指を曲げることでフォアとバックの切り替えが容易になります。逆に三本の指を伸ばす事でパワーが増します。