レシーブ|卓球の基本戦術

レシーブ|卓球の基本戦術

 

卓球の勝敗を大きく分ける要素となるのがレシーブです。レシーブは集中力を高め、サービスを見極め返球しなくてはいけません。サービスは、コース・スピード・回転を組み合わせ放たれます。レシーバーは、これらサービスの質を瞬時に見極めます。

 

また、甘いサービスは、強力なレシーブで返し、レシーブエースや4球目攻撃に繋げます。この、レシーブの技術を洗練させることで、勝利の確立は一段と高まります。

 

集中力を高める

 

集中力を高める際には、ボールを良く見ることが大切です。ボールを良く見て、瞬時にサーブの質やコースを見極め、冷静に返球します。レシーブは、小手先の技術に頼らず、体全体を活用します。

 

回転系サービスのレシーブ

 

卓球のサービスで多くの割合を占めるのが回転系のサービスです。回転系のサービスは、回転方向を見極められないとミスに繋がったり、チャンスボールを与えることになります。

 

下回転

 

レシーブをラケットを平行に当てると、ボールは下側に反発します。同じ下回転のツッツキで返すか、回転を打ち消す上回転のドライブで返球します。また、ラケットの角度を合わせて払うフリックも有効です。

 

上回転

 

レシーブをラケットを平行に当てると、ボールは上側に反発します。返球は、できるだけラケットを被せて返球します。また、平行スイングのドライブも有効です。

 

横回転

 

レシーブをラケットを平行に当てると、ボールは回転方向に反発します。横回転のサービスには、巡回転の順リターン、逆回転の逆リターンが有効です。サーブのインパクトを良く見て、どちらの横回転か見極めるのが重要です

 

攻撃的レシーブ

 

回転量が少なかったり、スピードが遅い、または少し浮いてきた甘いサービスは、攻撃的にレシーブします。ドライブやフリックを駆使し、リターンエースを狙ったり、4球目攻撃に繋げます。