ペンホルダー・バックハンド打法|卓球の基本技術

ペンホルダー・バックハンド打法|卓球の基本技術

 

ペンホルダーのバックハンド打法は、ショート系とスイング系があります。ペンホルダーは強力なフォアハンドを持つ代わりに、バックハンドは、手首を返す必要がある為、またスイング範囲が詰まる為に、弱点となりがちです。しかし、バックハンドを強化する事によって、守備が強固になり、攻撃につなげやすくなります。

 

ショート

 

ペンホルダーのバックハンドの基本がショート打法です。ショートの技術を元に、プッシュやフリックの技術に繋がります。ショートは手首を返すので、親指を立てたり、裏面の3本指を曲げるなど、グリップを工夫すると打ちやすくなります。

 

プッシュ

 

プッシュ打法は、バックハンドでありながら、十分攻撃として威力を発揮する打法です。基本的にショート打法の応用となります。ペンホルダーの利点であるラケットコントロールを存分に発揮すると、相手を左右に翻弄する事ができるでしょう。

 

パワースイング

 

バックハンドでしっかりとスイングする打法が、パワースイングです。中陣・後陣から長い打球を打つ場合や、強打を打つために有効で、スイングはフォアハンド同様に肩と肘を軸に振りぬきます。

 

ブロック

 

フォアハンドのブロックは、ペンホルダーにとって大切な技術となります。特に前陣型の選手にとっては必修の技術で、強力な守備を構築すると共に、ポイントを奪う源にもなります。相手の強打・ドライブに自ら向かい、タイミングを合わせる事がポイントです。

 

裏面打法

 

中国式などの丸型の裏面も使えるようにしたラケットによる打法です。シェイクハンドと同じように扱えることができるので、ペンホルダーでありながら、バックハンドで強打・ドライブを打つことができます。