シェーク・バックハンド打法|卓球の基本技術

シェーク・バックハンド打法|卓球の基本技術

 

現代卓球において、バックハンド打法は、攻撃・守備の両方で大きな役割を果たしています。フォアハンド打法の不足分をを補うだけでなく、バックハンドからチャンスを作り出したり、バックハンドの一打が局面を変えるほどのi威力を持ちます。

 

シェークハンドはペンホルダーよりもバックハンドが使い易く、様々な打法を繰り出す事が可能です。シェークハンドの選手がバックハンド打法を強化する事は、そのまま選手のレベル向上に直結します。

 

ハーフボレー

 

シェークハンドのバックハンド打法において、基本となるのがハーフボレーです。ハーフボレーは、ボールが頂点に達する前に打ち返す打法です。強打・ブロック・ドライブなど、バックハンドの技術はハーフボレーが基本となるので、しっかりと強化します。

 

強打

 

シェークハンドはバックハンドで強打が打ちやすく、大きな武器となります。ひじを軸にコンパクトに振りぬきます。腰の回転を主導に前腕を前に投げ出す事で、パワーが生まれます。

 

パワースイング

 

ボールサイズが大きくなり、ラリー戦が多くなった現代卓球で多用されるようになったのがパワースイングです。強打の打ち合い等で、台から離れて中陣・後陣からバックハンドを打ち出すときに、ボールを強く打ち出す打法です。

 

ブロック

 

台から離れずに、相手の強打・ドライブを文字通り壁を作り返球する打法がブロックです。守備の意味合いだけではなく、ブロックによって相手を抜き、しっかりとポイントを取る事が可能です。強打に立ち向かって、打球点を早めにとります。