カット|卓球の基本技術

カット|卓球の基本技術

 

カットの打法は、主にカットマンの主砲となります。カットマンとは、相手の強打をだから離れてバックスピンで返球するカット主戦型の事です。カットマンは、相手の打球をカットで返し、相手のミスを誘ったり、また隙が生まれたら一気に攻撃に転じる変幻自在のプレースタイルです。

 

カットと言っても、ただ単に下回転で返球するだけではなく、時には無回転で返球したり、横回転を加えてみたり、ツブ高ラバー等で回転に変化を与えたり、様々な要素を織り交ぜて相手を翻弄します。

 

フォアハンド・カット

 

肩を支点として、弧を描くようにダウンスイングします。膝を柔らかくし、タイミングと距離感を合わせ、右足から左足に重心を移動しながらスイングします。

 

バックハンド・カット

 

左足から右足に重心を移しながら腰からのリードでダウンスイングします。技術が高くなる事で、フォアハンド・カットとバックハンド・カットを上手く組み合わせて打ち分け、相手を翻弄する事が可能になります。

 

ミドルのカット

 

ミドルはカットマンに限らず、シェークハンドの弱点とも言えます。ミドルを責められた場合には、フォア側であれば右足、バック側であれば左足を一歩下げ、半身の体制を作り対応します。

 

ループドライブをカット

 

ループドライブは、球速こそ速くありませんが、強烈なドライブ回転が掛かっています。できるだけ、打球点を下げずにカットします。角度を合わせてボールが浮かないように押さえる事がポイントです。

 

スマッシュをカット

 

スマッシュされた場合、素早く後方に下がり、返球の体制を確保します。上回転の少ないナックル性の球質なので、ボールをただカットしただけでは、ショートする可能性があります。ラケットを押し出すようにする事がポイントです。

 

カットの変化

 

カットをする場合に、強烈な下回転を掛ける時、ナックル性にする時、横回転を混ぜる時、イロイロな変化を加える事ができます。しかも、これら様々な回転が同じスイングでできれば、相手をほんろうする事ができます。ポイントは手首です。

 

カットからの攻撃

 

カットマンと言っても守備一辺倒ではありません。チャンスボールが来れば一気に攻撃に転じます。その為にも、カットに変化を与えてチャンスボールを生み出していきます。

 

カーブロング

 

相手のドライブやスマッシュ性のボールをカットで返すのでなく、ロングボールで返す技術の事です。相手のドライブ回転を上手に利用し、横回転を掛け、相手にとって逃げるボールを放ちます。