ツッツキ|卓球の基本技術

ツッツキ|卓球の基本技術

 

ツッツキとは、台上の短いカット打法を言います。派手さはありませんが、レシーブで多用する事になるので、とても重要な技術です。確実な守備を確立する為に重要なツッツキですが、多様なツッツキを駆使する事で、守備から攻撃に転じる際の布石にもなります。

 

ツッツキは、下回転で正確に返球する事が大前提ですが、技術が高くなると回転を変えたり相手のコースを突く事で揺さぶりをかけることができます。例えば、同じフォームで下回転と無回転を使い分けたり、斜め回転を掛けることで、相手から逃げていく変化球にする事も出来ます。

 

バックハンド・ツッツキ

 

ペンフォルダーでもシェイクハンドでも同じことが言えますが、バックハンド・ツッツキがツッツキ打法の基本になります。小手先だけで突くのではなく、自分のツッツキがベストポジションから打てるように、小刻みにフットワークを使います。

 

プッシュ・ツッツキ

 

ツブ高ラバー独特のツッツキ打法で、ボールを切るというよりも角度を合わせプッシュして打ちます。近年では、カットマンやシェイクハンドの前陣速攻型の選手がツブ高を貼る事が多くなっています。ツブ高を強力な武器にする為にも、プッシュ・ツッツキの技術が重要になります。

 

フォアハンド・ツッツキ

 

フォア側に短いボールが来た際の処理に必要になるのが、フォアハンドのツッツキです。バックハンドに比べると、腕をコンパクトに畳んで打たなくてはいけないので、少し難しく感じるかもしれません。ツッツキのボールが浮いてしまわないように、ラケットの先端を上げ、腕からのリードで確実に打ちます。