ドライブ打法|卓球の基本技術

ドライブ打法|卓球の基本技術

今や現代卓球の主砲ともいえるのがドライブ打法です。ドライブマンに限らず、前陣速攻型、カットマンもドライブ打法を駆使する事で試合を優位に進めることができるでしょう。

 

ドライブ打法と言っても一種類だけではありません。回転の方向、回転の強弱、ボールのスピードを組み合わせることで、様々なドライブのバリエーションが生まれます。試合展開に応じて、各種のドライブ打法を使用します。

 

ドライブは、別の言葉ではトップスピンと表現されます。その名の通り上回転を掛ける打法です。上回転を掛けることにより、ボールの軌道は急激に落ちるので、強打を打ってもオーバーしづらくなります。攻撃打をドライブ回転を掛けることで確実性を高める事になるのです。

 

スピードドライブ

 

打球のスピードを上げると球はまっすぐな奇跡を描きます。ここに強力なドライブ回転を加えると、相手の台上で軌道が落ちます。このスピードとドライブを組み合わせた打法がスピードドライブです。

 

ループドライブ

 

ループドライブは、スピードを犠牲にしても強力なドライブ回転を加える打法です。山なりのドライブは相手に狙いうちされる危険性もありますが、確実に返球する場合等で有効です。

 

パワードライブ

 

スピードドライブよりもドライブ回転を多くしたのがパワードライブと言われる打法です。現代卓球では必修ともなっている打法で、中陣・後陣ロングラリーで大きな威力を発揮します。

 

カーブドライブ

 

打球が左に曲がるドライブがカーブドライブです。相手のフォア側にクロスで打てば、球は相手から逃げる軌道になります。

 

シュートドライブ

 

打球が右に曲がるドライブがシュートドライブです。相手のバック側にクロスで打てば、球は相手から逃げる軌道になります。

 

バックハンド・ドライブ

 

シェークハンドにおいては必修の技術も言えるのが、バックハンド・ドライブです。技能が高くなれば、バックハンド・ドライブも強力な攻撃力となります。また、裏面があるペンホルダーにとっても大きな武器となります。