フリック|卓球の基本技術

フリック|卓球の基本技術

 

フリックとは、払いや角度打ちの事を言いますが、近年ではフリックの技術が進化し、変則回転を掛けるなどの複雑なテクニックになっています。

 

フォアハンド・フリック

 

台上のボールを処理するときに使うフリック、例えばレシーブの際にツッツキと織り交ぜて使用します。ペンホルダーの前陣速攻型には必修のテクニックともいえるフォアハンド払いの技術、特にダブルスに威力を発揮します。技術を高めることでノータッチエースも狙えます。

 

バックハンド・フリック

 

バック側の短いサーブの処理にツッツキと織り交ぜて使用する事で絶大な威力を発揮します。相手のサービスの回転に合わせラケットの角度を定め、小さなスイングで軽く払います。バックハンドフリップはシェークハンドの技術とも言えますが、ペンホルダーでも裏面が使える場合は、習得すべきでしょう。

 

チキータ

 

近年、よく耳にするようになったチキータという単語、トップ選手にとっては無くてはならない技術となりました。チキータとは、横回転を掛けたバックハンドフリックの事で、基本的にはシェークハンドの技術です。通常のフリックと組み合わせることで、相手をかく乱する事ができ、試合を有利に進めることができます。