基本姿勢|卓球の基本技術

基本姿勢|卓球の基本技術

 

卓球の基本姿勢は、ボールを迎え撃つ前のスタンバイをしている状態です。卓球のサーブは、スピード・回転・前後左右のコース責めと様々な要素が加味され打たれます。迎え撃つ側は、瞬発力が必要になります。どのようなボールが飛んでくるのか分からないので、集中しながらも、体全体はリラックスして構えます。

 

各ポジション

 

顎を引き、ラケットは卓球台よりも少し上、フリーハンドも卓球台より上で体の前方へ、膝は少し曲げ、腰は少し前かがみ、脚の重心は前方へ掛ける。重心に関しては、ベタ脚にならないように、母趾球に体重が掛かるようにします。

 

スタンス

 

基本姿勢のスタンスは、フォアハンドのスタンスを取ります。これはフォアハンドの方が対応できる範囲が広くなるからで、バックハンドへも比較的スムーズに移行できるからです。仮にバックハンドのスタンスで構えた場合は、フォアハンドへの対応が遅くなりがちになります。

 

プレースタイルごとに変化

 

ドライブ主戦の攻撃型は、右利きの場合、左足が前、右足を引く広めのスタンス。前陣型は、左足が前でも左右の足が平行に近いスタンス。カットマンは左右平行。これは各プレースタイルで多く見られるスタンスです。瞬発性を発揮でき、守備範囲を広くとれる自分のプレースタイルなりの姿勢を見つけてください。